ニキビジェルクリーム塾|跡になる周期ニキビは保湿で改善!

「生理前にできたニキビ、せっかく治ったはずなのにまたできた・・・
 周期ニキビの赤みってそのうちシミにならない?」

 

こんなニキビを繰り返していませんか?

 

周期ニキビの跡は特にシミになりやすく、実はとても危険です。

 

シミになる前に周期ニキビを治すためには、次のことが大切になります。
・思春期ニキビと同じニキビケアをしない
・強力な殺菌作用のある成分で常在菌まで殺菌しない
・大人ニキビには保湿が必要だけど、乾燥肌用の保湿とは違う

 

シミになる前に周期ニキビを治す正しい方法を詳しくご紹介します。

 

繰り返して跡が残る周期ニキビは「リプロスキンジェルクリーム」で改善!
「リプロスキンジェルクリーム」は、ニキビとニキビ跡を同時にケアすることができるクリームです。
特に注目したい成分は、衰えた細胞を再生することができる4種類の「植物幹細胞」とノーベル賞受賞成分の「フラーレン」です。
「植物幹細胞」には、細胞を再生する力があり、凸凹ニキビ跡などのニキビ跡の再生も、ニキビ肌の再生も同時にできる優れた成分です。
また毛穴につまった皮脂を酸化させてニキビにしてしまう原因となる活性酸素を無害化するノーベル賞受賞成分の「フラーレン」も配合されています。
その他にも、アンチエイジング効果、保湿効果の高い成分も配合されているから、これ一つで、ニキビケア、ニキビ跡のケア、アンチエイジングまでのすべてが叶うジェルクリームです。

 

1.ここ最近、ニキビが生理周期で繰り返していませんか?

生理周期で繰り返すニキビ、生理が終わると少しは治まるからと安心してはいられません。
まずは周期ニキビのことをしっかり理解して、対策に取り組みましょう。

 

1-1.治りきる前に新しくできるから、赤く残り続けるニキビ跡はいずれシミになる!

20代以上にできやすい周期ニキビの跡がシミになりやすいのは、ターンオーバーに必要な期間が10代に比べて長くなるからです。

 

ターンオーバーの期間は、10代で約20日、20代で約28日、30代で約40日・・・と長くなる傾向にあります。

 

生理周期がだいたい28日ぐらいだとすると、10代の肌は次の生理までに生まれ変わっているのですが、20代ではギリギリ?30代ではアウト・・・。
しかも周期ニキビができやすい肌は、このターンオーバーの期間が年齢の平均日数よりも長くなっていることが多いのです。
治りきらずに次のニキビができてしまったり、跡が残り続けたりしてしまうのにはこのためです。

 

実際に、ある美容クリニックが行った肌悩みに関するアンケート調査でも、次のような結果が出ています。

 

年代・男女別 「肌の悩み」アンケート調査結果

 

20代でニキビで悩んでいる女性の割合は54%、30代〜40代でシミの悩みがある女性の割合はどちらも全体の50%を超えています。
20代でできたニキビをしっかりケアしておかないと、30代以降のシミの悩みにつながってしまうということなのです。

 

10代のニキビと20代以降のニキビの違いは、治るまでの期間だけではありません。

 

1-2.毎月生理前にできて生理後に治まっていくニキビは思春期ニキビとは違うもの

20代以上の生理周期で繰り返す周期ニキビは、同じニキビでも思春期ニキビとはまったくの別物です。

 

思春期ニキビは、男性ホルモンの分泌量が増えることによって、皮脂が過剰に分泌されてできるものです。
このため、思春期ニキビの場合には、皮脂を取り除くことを中心にしたケアをします。

 

ところが、大人ニキビは思春期ニキビの時のような皮脂を取り除くケアをしたところで改善されることはありません!

 

なぜなら、大人ニキビの原因は、過剰な皮脂ではなく、肌の乾燥が原因だからです。
その証拠に、大人ニキビができる場所は、おでこなどの皮脂が多い場所ではなく、フェイスラインなどの皮脂の少ない場所にできることが多くなります。

 

乾燥すると、肌バリア機能の低下、ターンオーバーの乱れ、毛穴の収縮が起こります。
収縮した毛穴の周りに、角質がつまって炎症を起こした状態が、大人ニキビなのです。

 

このように思春期ニキビと大人ニキビでは、まったく原因が違うから、同じケアでは治らないというわけです。

 

 

2.「ニキビ用」化粧品の見極め方

前述のとおり、大人ニキビは肌のバリア機能が低下して、乾燥していることが多いので、思春期ニキビ用の「皮脂を抑えケア」をしてしまうと、悪化させてしまうことになりかねません。
特に皮脂を抑える効果が高いイオウ系成分が含まれているものは、思春期ニキビ用なので注意が必要です。
ニキビ用のケア用品の種類は大きく分けると、「ニキビ用一般化粧品」「医薬部外品」「ニキビ用の医薬品」の3種類があります。

 

2-1.ニキビ用の一般化粧品

ニキビ用の一般化粧品は、天然成分の力を借りた抗炎症効果やターンオーバー促進効果で、ニキビを治していくものが多いです。
周期ニキビに効果的な成分として、最近最も注目されている成分は、「ホホバオイル」と「フランキンセンス」です。
どちらも直接肌につけられるほど安全性の高いオイルなので、綿棒などで直接ニキビに塗ってケアする人も多く、安心して使える成分です。

 

ホホバオイルは、皮脂によく似た構造で、反バクテリア作用があること、ビタミンが豊富なことからニキビケアに効果的なオイルとして知られています。

 

ホホバオイルが持つ反バクテリア作用については、ミシガン大学とポートエリザベス大学製薬部が次のような研究結果を発表しています。

 

ミシガン大学の研究結果
「カンジダ菌、ブドウ球菌アウレウス(黄色ブドウ球菌)やシュードモナス菌を含む、一般的な皮膚に悪影響を及ぼすバクテリアのうちの5つが、ホホバオイルの中で生き残ることができない」

 

ポートエリザベス大学製薬部の研究結果
「ホホバオイルはブドウ球菌やシュードモナス菌を1時間15分以内に破壊した」

 

このように殺菌作用が強いことが証明されているホホバオイルは、ニキビのアクネ菌にもしっかり効果を発揮してくれます。
またホホバオイルに含まれる豊富なビタミンは、肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進する効果があります。

 

フランキンセンスは、ティートリー、ラベンダーと並んでニキビに効果があるアロマオイルとして有名です。
ストレスを和らげるアロマ作用もあるので、大人ニキビのケアにとても効果的です。

 

抗炎症効果のある成分が配合されていると、即効性も意外と高いのですが、色素沈着の跡への効果は、ターンオーバーが1周する1ヶ月はかかります。
ニキビとニキビ跡のケアを同時進行で進めるためにも、美白効果が高い成分が配合されているものを選んでおくのがおすすめです。

 

2-2.抗炎症有効成分配合の医薬部外品

グリチルリチン酸2Kやグリチルレチン酸ステアリルなどの強い抗炎症作用のある有効成分が国が定めた一定の濃度で配合されているのが、医薬部外品です。
これらの抗炎症成分の他にも、美白有効成分が入っていると、すでに色素沈着してしまっているニキビ跡のシミにも効果的です。

 

ただし、次の生理が始まるまで治らないような炎症を繰り返す肌の場合は、配合されている医薬部外品の成分が強すぎることも考えられます。
強すぎる成分で肌のバリア機能を壊すことは、肌内部の炎症を悪化させ、逆効果になってしまうため注意が必要です。
使ってみたいものがある場合は、まずはサンプルなどで試してから使用するのがおすすめです。

 

2-3.ニキビ薬と呼ばれる市販医薬品

クレアラシル、ビフナイトなどの「誰でも効いたことのあるニキビ薬」には、必ずイオウが含まれています。

 

イオウがニキビ肌に及ぼす効能は
・強力な殺菌作用
・角質軟化作用
・強力な皮脂分泌抑制、皮膚乾燥作用
などがあり、皮脂の分泌を抑えたい思春期ニキビに効果を発揮します。

 

アクネ菌は増えすぎるとニキビの原因になるため、アクネ菌を殺菌しなければニキビを治すことができないように思われがちですが、実はアクネ菌は肌に必要な常在菌です。
人間の肌には、アクネ菌の他にも、表皮ブドウ球菌などの常在菌が約1兆個存在しています。
これらの常在菌は、肌を外部刺激や病原体から守ったり、自家製の保湿クリームの役目をしたりするもので、肌にとってはなくてはならない存在です。
イオウのような強力な殺菌作用のある成分は、これらの常在菌まで殺菌してしまうために、肌を乾燥させてしまうのです。

 

このため強力な殺菌作用のある成分が配合されている医薬品は、大人ニキビには逆効果になってしまう可能性が高いため注意が必要です。

3.「ニキビには保湿」は正解!でもニキビの保湿と乾燥肌の保湿は違うんです

大人ニキビは、乾燥が主な原因になっているため、保湿をすること自体は必要です。
保湿といえば、乾燥肌対策というイメージがありますが、乾燥肌のようなベタベタ保湿ではなく、乾燥ニキビ用の保湿が必要です。

 

3-1.ニキビの保湿は油分の種類と思い込みケアに注意!

乾燥ニキビの保湿をするときに、特に気をつけなければならないのは、油分の種類と量です。
ニキビケアに気をつけたいオイルの種類などをまとめておいたので、ケアの参考にしてくださいね。

 

3-1-1.酸化しやすい不安定な油分は毛穴を詰まらせて悪化させかねない

オイルはどんなオイルでも、空気中の酸素や光、熱などによって酸化されます。
酸化しやすいオイルは、グレープシード油、月見草油、亜麻仁油、ローズヒップ油などです。
逆に、酸化しにくいオイルには、オリーブ油、ココナッツ油、ホホバ油、スクワランなどがあります。
酸化しやすいオイルを使ったスキンケア後に紫外線を浴びると、オイルが肌の上で酸化され、毛穴につまったり、シミの原因になったりするため注意が必要です。

 

オイルを使う際に気をつけたいポイントは、次の3つです。
1.できるだけ酸化しにくいオイルを使うこと
2.酸化しやすいオイルを使う場合は、酸化しにくいオイルと混ぜて酸化を遅らせること
3.酸化しにくくするために、紫外線対策をすること

 

3-1-2.油分の過多は、思春期ニキビのような症状を引き起こすことも

乾燥するとニキビができるのは、乾燥した肌を守るために、肌が過剰に皮脂を分泌し、乾燥して縮んでしまった毛穴に皮脂がつまることで炎症が起こるからです。
このため、大人ニキビを改善するためには、乾燥を改善して、縮んだ毛穴を元に戻してあげることが必要なのです。
そこで、足りない油分を補ってあげる必要があるのですが、ここで気をつけたいのがつける量です。

 

オイルの量は、2〜3滴程度を顔全体にそっとなじませるのがポイントです。

 

大人のニキビケアにはオイルはとても効果的なのですが、つける量が多すぎると思春期ニキビのような症状を起こすことがあるので注意が必要です。

 

3-1-3.ニキビになりにくい油分をバランスよく含んだ油分の使用が〇

オイルケアをする際にチェックしておきたいのが、オイルの主成分です。

 

しっかり保湿をするためには、人間の肌の皮脂成分に近い成分を補うことが大切です。
人間の肌の皮脂の主な成分は、約40%がオレイン酸、約25%がワックスステルス、約16%が皮脂酸、約12%がスクワレンです。
主成分の約70〜80%がオレイン酸で構成されているオリーブ油、ワックスステルスが含まれているホホバオイルは、人の肌の皮脂成分が含まれているため、特になじみやすいオイルです。

 

オレイン酸がニキビの原因になると言われることがありますが、実はこれはウソです。

 

もともと人間の皮脂の約40%は、オレイン酸で構成されているのだから、オレイン酸がニキビの元になるとしたら、すべての人間にニキビができることになってしまいます。
でも実際には、ニキビができる人、できない人に分かれるのは、オレイン酸がニキビの原因ではないからです。

 

では、なぜオレイン酸がニキビの原因と言われてしまうのでしょう?

 

それは、アクネ菌がエサとするのがオレイン酸を含む人間の皮脂だからです。

 

でも、本当のニキビの原因は、ターンオーバーの乱れによって硬くなった角質が、縮んだ毛穴につまり、そこにアクネ菌が増殖することです。
これは、オレイン酸が不足しているのにニキビができる大人ニキビの例からも明らかです。

 

気をつけなければならないのは、オレイン酸ではなく、肌トラブルのもとになる可能性が高い不純物が多いオイルです。
できるだけ純度が高い上質なオイルを選ぶことがオイル選びのポイントです。

 

3-2.化粧水・美容液・・・ニキビケアに最も効果的なアイテムは?

化粧水・乳液・美容液・クリームなどニキビをケアする商品はたくさんあります。
では、ニキビを保湿するにあたって最も効果的にニキビのケアができるアイテムはどれなのでしょうか。
1つずつニキビケアに適しているかを確認してみましょう!

 

<クリーム>
油分が多く、水分が足りない。
水分・油分の両方が必要な大人ニキビのケアには不向き。

 

<化粧水>
水分は十分に補給できるアイテム。
しかし、化粧水は油分で蓋ができるアイテムではないので、水分の蒸発が激しく単体でニキビの保湿目的として使用しても効果は感じにくい。
別にニキビケアクリームを使う必要がある。

 

<美容液>
化粧水よりは保水力があり、少量でも効果が期待できる。
ただ、化粧水と同じく油分が足りないので、単体でのニキビケアには不向き。
ニキビケア用のクリームと一緒に使うとより効果を感じることができる。

 

代表的なスキンケアアイテムはニキビケアをするにあたってどうしても不足している成分があります。
ニキビケアアイテムを毎日2つ併用したりすると、時間もお金もかかってしまいますよね。
お財布のためにもニキビケアアイテムは一つに絞りたいものです。

 

効果を出すためにニキビケアアイテムを1本化するために作られたのが、ニキビジェルクリームです。
ニキビジェルクリームは油分も水分も補うことができるので、大人ニキビのケアやニキビの保湿対策に最適にアイテムです。
ニキビジェルクリームの効果についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

3-3.ニキビを繰り返す肌にはジェルクリームが使いやすく効果的

ニキビを繰り返す肌は、乾燥によって必要な水分を失い、硬くなってしまっている状態です。
お肉を焼き過ぎると、肉汁がなくなってカチカチになってしまうのと同じです。

 

水分がなくなって硬くなった肌は、バリア機能が低下し、それを修復するために、急いでターンオーバーを行います。
ターンオーバーの期間が短くなると、まだ未熟な細胞が表面に出てくることになります。

 

こうして水分を保つ力のない未熟な細胞ばかりで作られた肌は、水分不足の硬い肌になるのです。
肌が硬いと、当然毛穴が縮んで皮脂がつまりやすい状態ですから、ニキビにもなりやすいというわけです。

 

このような乾燥ニキビにとって、硬くなった肌を柔らかくしたり、乾燥を防いだりするために、オイルケアがとても効果的なのです。
ただ質と量を適度に調整してオイルを使うのは、案外難しかったりします。

 

そこでおすすめなのが、適度にオイルを含んだジェルクリームです。

 

ジェルクリームは、ジェルとクリームを合わせたゼリー状のクリームです。

 

ジェルとの違いは、油分をしっかり含んでいて、保湿を増粘剤だけの効果に頼らないところです。
クリームとの違いは、油分が多すぎず適度であるところです。
ジェルとクリームのメリットを持つジェルクリームは、ジェルに比べて保湿効果が高く、適度な油分で肌のターンオーバーを整えることができるから、大人ニキビに特に効果的なのです。

4.大人の周期ニキビケア条件を満たしたジェルクリーム

大人の繰り返すニキビケアには、質のよいオイルを適度に含むジェルクリームが最も効果的です。
そこで、大人ニキビの改善におすすめのジェルクリームをランキングにしてみました。

 

リプロスキンジェルクリームの特徴

8,500円が定期コース(4回〜)で5,500円+税 送料・代引き手数料無料 60日間返金保証

価格 定期コース(4回〜)で5,500円
評価 評価5
備考
リプロスキンジェルクリームの総評

リプロスキンジェルクリームは、ノーベル賞受賞成分で肌を再生し、ニキビとニキビ跡の両方をこれ一つで同時に改善してくれます。 肌を再生する力がある4種類の植物幹細胞エキスと活性酸素を無害化するフラーレンは、特に注目されている成分です。 植物幹細胞エキスは、ノーベル賞を受賞して再生医療の中心となっている「ips細胞」と同じ幹細胞の一つで、ニキビ・ニキビ跡を含めた肌そのものを再生する力があります。 さらに、皮脂を酸化する原因となる活性酸素を除去する「フラーレン」が、ニキビの原因を除去しながら美白が効きやすい肌を作り、ニキビ跡の再生を助けます。 肌を根本から再生してくれる力をもつジェルクリームなので、これだけで、乾燥もニキビもニキビ跡もすべてを同時にケアできてしまうのです。

 
 

サエル ホワイトニングクリームクリアリストの特徴

トライアルセット:サエル10日間トライアルセット 初回限定1,480円税込送料無料 (内容)化粧水14ml、美白美容液8ml、クリーム9g、CCクリーム1回分

価格 初回限定1,480円
評価 評価4.5
備考 トライアルセット:サエル10日間トライアルセット
サエル ホワイトニングクリームクリアリストの総評

ニキビだけでなく、すべての肌荒れにもニキビ跡の改善にも効果を発揮してくれる医薬部外品です。 「サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト」の注目ポイントは、ディセンシア特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール」です。 「ヴァイタサイクルヴェール」は、特殊な膜で外部刺激をブロックして、保湿力の高いセラミドで肌内部をしっかり保湿する技術です。 この技術によって、大人ニキビの原因となる乾燥や肌荒れのすべてを防いで、メラニンを徹底ケア、ニキビとニキビ跡を同時にケアすることができます。 もちろん、医薬部外品なので、ニキビの炎症を抑える有効成分アスコルビン酸2−グルコシド、グリチルリチン酸2Kもしっかり配合されていて、炎症ニキビにも効果的です。 まずは、10日間たっぷり試せるお得なトライアルセットを試してみるのがおすすめです。

 
 

ルナメアAC ジェルクリーム フジフイルムの特徴

ルナメアAC 1週間お手入れセット(14回分)初回限定1,000円+税、送料無料 (内容)洗顔料15g、化粧水(ノーマルタイプ)30ml、化粧水(しっとりタイプ)3ml×2包、ジェルクリーム12g

価格 初回限定1,000円
評価 評価4.5
備考
ルナメアAC ジェルクリーム フジフイルムの総評

富士フイルムが開発した「アクネシューター」で、ニキビをケアする医薬部外品です。 「アクネシューター」とは、富士フイルム独自の新成分で、有効成分を毛穴の奥のニキビの元までにしっかり届ける働きをします。 毛穴の奥まで有効成分がしっかり届くから、効果も出やすいというわけです。 さらに、大人ニキビの原因となる乾燥をケアする4つのハーバルモイストエキスで乾燥を撃退! ニキビのない、潤ったツルすべ肌を実現します。 まずは、1週間お手入れセットでお試してみるのがおすすめです。